さぁさぁ今年も夏が終わってしまったよ。くそやろう。

1日目(8月14日)

今年もバス待ちの列を尻目にタクシーに乗り込む。少しでも早く行くのである。運ちゃんが、フジに行く際のフェリーで捕まったおっちゃんに顔もしゃべりもその内容もそっくりで一人で笑いをかみ殺す。なんであの手の人は会社を持ってることを真っ先に話すのでしょうね?今年のエゾは入場ゲートの位置が若干、変更。そしてなんと入場待ちの列がテント組とレジャーサイト(荷物少ない人)組という形に。そうだよ、バスと車組を分けるとかいう意味不明なのよりこっちがスムーズだわ。今年は場内にテント場所を取ったので移動がラクだった。
テントやらタープやら設営してから友人とまずはグッズ売り場に。何も買うつもりなかったのに、デザインにひかれて一枚買ってしまう。それから乾杯。フジのビール600円から見ると、400円が良心的価格に見えるから困る。このとき食べた寄せ豆腐300円は、今年のベスト飯かもしんない。基地に戻って、サンステ一発目の横山健を聴きつつ、なおもダラダラする。ビールとラムを飲んで酩酊気味に。ドラムがあまりにもメロコアの叩き方でちょっと懐かしい、なんて思ってたら、ハイスタの「STAY GOLD」やりやがった。周りのテントから次々とステージに向かって駆けていく人、人、人。これはちょっと反則だ。さんざんっぱら楽しくやった後に重い腰を上げる。この、友人たちと別れて一人でステージを見に行く瞬間って、フェスだなぁという感じがして好きだったりする、のは自分だけですか、そうですか。

THE BOOM@レッド

toeと被っていて、死ぬほど悩んだけれど、やっぱり活動再開後、初のライブということで。しっかし楽しみすぎて、ラムコークをごくごく飲んでたらやたらと酔っ払ってしまった…。横で待ってる人に、ブームじゃなくて天気の話をするとか、もう、ね。ライブは最高でした。いきなり「星のラブレター」から始まり、「帰ろうかな」をやって、うわぁと思っていたらなんと次に「からたち野道」が。それからも「ブランカ」「真夏の奇跡」「そばにいたい」と昔の曲を次々と。それから「神様の〜」「24時間の旅」、新曲をやって、最後は「風になりたい」「島唄」で〆。こうしてみると、一般的なブームのイメージに応えつつ、ブームの歴史を追ったセットリストだなぁ。ミヤさんも非常に真摯なMCで良いライブでした。一発目にして本日のベストアクト決定。

パスカルズボヘミアン

着いたらちょうどスタート。あまり人がおらず全員座っていたので、ステージ端の最前列まで行って座って見る。元たまの二人がいる大所帯バンド。様々な楽器を使って牧歌的orメルヘンチックで無国籍な音を出していました。事前に聴いたときはちょっと中途半端な感じがしたけれど、実際に生で連続して聴いてみると、体を揺らしつつのんびりまったりとしていて、これまたとても良いライブでありました。やっぱりこの手の音は生でじっくり聴くに限る。あまりにも音が気持ちよく且つ酩酊していたので、中盤の数曲は寝転がって寝てしまった…。
その後、飲み食いしつつブラブラ歩く。レッドまで戻るもボノボの人の多さにびっくり。吉川晃司を見るか真心を見るか悩んだ挙句、真心に。

真心ブラザーズ@グリーン

まぁまぁよかった。2006年のステージに比べるとどうしても落ちるけど。「拝啓ジョンレノン」で始まって「素晴らしきこの世界」「空に舞い上がれ」「ドカーン」(!)とやってくれたので満足です。しかし「サマーヌード」はやんなかったなぁ。個人的には、真心は昼か夕方の時間に、もっと開放的なステージでやった方がいいライブになるんじゃないかな、と。今年のグリーンは屋根はないけどステージの前の方にハンモックとかがあるブースみたいなのがあって、真正面遠くからはステージが見えなかったので。
終了後はムーンに行って、まりんを少し見る。でもちょっと肌寒くなってきたのと、最初の数曲がまったりとした感じだったので、切り上げてテントに帰る。後で聞いたところでは、それからが良かったらしい。くそぅ。テントではバーベキュー。今年のメインアクトの一つである。肉がうまい。ササミがうまい。食って飲んでしゃべる。よく店でやってることなのにさらに楽しい。後ろではエレカシが演奏中。「風に吹かれて」はやっぱ名曲だよな。

OKI DUB AINU BAND@レッド

本日の最終。2007年のライブが非常に良かったのもあり。でもそのときよりは入り込めなかったかな…。当時の感想でも書いたけれど、音色の執拗な反復によって、むちゃくちゃ気持ちいい瞬間が訪れるときは確かに何度かあるけれど、同時にその反復が退屈な瞬間も生み出していて(おそらくは聴いてる側にとって、反復がまさに反復によって全く別なものへの変容を伴う瞬間があって、それこそが気持ちいい瞬間になるんだけど、変容を伴わない反復は退屈に感じられる、ということなんだろう。ちなみにここでの「変容」は「身体性」と置き換えてもほぼ同義な気がする)、アンバランスな印象だった。ライブがちょっと長かったのもだれて感じられた原因かな。
テントに帰りつくとすでに3時前。就寝したのは4時前だった。明日の体調が心配だ…。

2日目(8月15日)

6時過ぎに、隣のテントのいびきで目が覚める…。規則正しい寝息ではなく、やたらと浅くて早いいびき。たまに止まる。完全に無呼吸症候群じゃねーか。気になってなかなか寝付けず、ようやっと寝たと思ったら例年通りのテントサウナで強制起床であります。友人とエゾ名物、ガチャガチャバッヂを見に行く。一回だけやったところ、出てきたのはマスドレのバッヂ。えーと、これは某友人にあげたらいいのかなw 寄せ豆腐を再度、食しつつテントでのんびり。このとき友人が差し入れしてくれたチーズナンもまじうまかった。

SAKEROCK@レッド

あんまり好きじゃないんだけど、特に見るものもなかったので、なんとなく。というのも曲はまったり聴けて良いけど、MCが長くてだるいんですよね。それが好きな人にはいいと思うけど。とはいえ、このときのライブはなかなかよかった。リハで「残酷な天使のテーゼ」を吹いてみたり、通り過ぎる人に「入場規正を起こしてみましょう!」とか言ってみたり、ゆるいながらもどこか節度(?)のある雰囲気があったと思う。途中に挟んだ、鬼平〜妖刀〜DIのりピービヨンセの一人芝居は悪ノリ感あったけど、あんまり後にひきずらなかったし。まぁ半分ほどで、キョンキョンに移動したってのもあるかも。

小泉今日子@グリーン

人。とにかく、人。そりゃあキョンキョンがこのステージってのは無理があるよなぁ。人が多すぎて、ステージなんぞほとんど見えやしない。なんとか人の隙間からちょろちょろステージが見える位置に行く。かわいすぎるだろ常考。43歳なんだぜ? ライブは、まぁ完全にミーハー根性丸出しで行ったのでアレなんですが、悲しいかな声量がないし音程もわりかし外すという感じで(想定の範囲内ですが)。セットリストは、大して知らない僕が知ってる曲がかなりあって楽しかったけど。「渚のハイカラ人魚」を20年振りにやったらしく、貴重なものが聴けました。「キュートなヒップに〜」をまさか自分が歌う日が来るとは。「あなたに会えてよかった」とか「イノセントラブ」とかやったし、ラストは「学園天国」だったし。
終わった後はテントへ。BEGINをテントでまったり聴こうと。

◆BEGIN@サン

いやぁ去年のレッドでのライブが素晴らしかったけど、今年も良かった。相変わらずほとんど曲ごとに「次は〜〜という曲をやります、聴いてください、よろしくお願いします」と腰が低い。曲は、新譜からの曲を交えつつ、一昨年と割と同じような感じ。ライブの定番曲って感じなのかな? どれもいい曲で歌詞も染みる。友人たちはステージを見に行ったので一人で肉を焼きながらまったりと見ていたけど、晴れた夕暮れ時で、空が絶妙に綺麗で、いやぁ至福のひと時でした。終了後に帰ってきた友人も大興奮。
それからいよいよ本日のメイン、ユニコー…ではなく、もちろん吾妻さんを見に行く。

吾妻光良&The Swinging Boppers with 松竹谷 清@レッド

以前に一度フジに出たことのある彼ら(2004)。でもその時はキヨシローと被っていて泣く泣くあきらめたのでした。今思えば、その判断は結果的に、自分にとってのキヨシローラストライブとなったわけで、こじつけだけれども今年、その吾妻さんが来るというのは、めぐり合わせだなぁと思ったり。ライブはこれまた当然ながら最高。「肉を喰おう」やら「バッチグー」やらをやってから松竹さんが登場してしっとり二曲やってから「モンキージョー」。それから「150〜300」(血圧がw)とかやって、アンコールで「かっこいいよね福田さん」。これ初めて聴いたけど、爆笑。ええと歌詞はうろおぼえだけど、歴代の首相と福田前総理を皮肉交じりに比較した歌。「竹下さんは消費税 バブル崩壊は海部さん 小泉さんは自衛隊派遣 結構みんな過激 でも福田さんのしたことはガソリン代の値上げくらい かっこいいよね福田さん」とか「最後に捨て台詞 あなたとは違うんです かっこいいよね福田さん」みたいな感じでw 音もベテランだけあってすごかった。吾妻さんのギターはギャンギャン唸るし、ホーン隊は淡々としつつも見事な音を吹かすし。CD音源は少し聴いてたけど、生で聴くと迫力が全く別物で、素晴らしかった。

渋さ知らズオーケストラ@サン

開催直前に、何かキヨシロー関連のことを一瞬行うとのアナウンスがあったので、何かと思ってたんだけど、蓋を開けてみれば、まぁそのなんだ、フジと同じだった。以前のエゾでの「雨上がりの夜空に」を映像とともに流すって形。
渋さのライブは、今年のフジでも見て、でもどうもマンネリ気味だったのですぐ抜けたんだけど、蝦夷ではメインステージでやったこともあって、音の厚さが違っていて、割と楽しめたかな。まぁ基本はいつもどおりの感じだったけど。

◆The Barthday@サン

実はバースデイのライブはちゃんと見たことがなくて、この機会にちゃんと見てみようと。「涙がこぼれそう」から始まったこのときのライブは、いつもに比べてどうかはわからないけれど、とても良かった。今のメンバーになってからの音源もほとんど聴いてないけれど、ミドルテンポの曲が多くて、どれもなかなかにいいメロディだった。中盤でチバが「アベフトシの分までオレはやりつづけるぜ」と一言言ってから始めた曲(「カミナリトゥディ」て曲らしい)が、テンポは遅いのにものすごくヒリヒリしていて素晴らしかった。あとギターがリフ重視ではなくて単音を転がすようにギャンギャン弾いていくスタイルで、ミッシェルとわりと対照的なのが興味深くもあったり。きちんと音源を聴いてみようと思わされた良いライブでした。
というか、この辺りからそろそろ体力が限界、というか眠気が強烈に襲い掛かってくる。強いアルコールを入れつつ、なんとかレッドへ。

quasimode@レッド

近年のエゾは、レッドに必ずジャズ枠があって、とてもいいことだし続けてほしいっす。そんなわけでクラブジャズで大人気(?)なのかはよくわからんがクオシモード。いやぁ人が少なかった。ちょっと時間帯的にかわいそうだったかなぁ。死人のようにそこかしこに人が寝転がりだす時間なので。あとレッドが押していて、20分くらい遅れたのも影響したのかもね。ライブはこれまたなかなかによろしゅうございました。当たり前だけど演奏レベルは高くて、各パートの見せ場を設けつつ、どんどんあっためていくという、実にスマートかつ楽しいライブ。まぁ個人的にはもうすこしスマートなだけじゃなくて、ぐちゃぐちゃなカオスになったりする瞬間があったほうが好きではあるけれど。徐々に盛り上がっていったそのもう一歩先がなかったかなという感想。余計な一言としては、キーボードのしゃべりが下手だった。ちょっと妙な間合いでしゃべって、しかもたびたびかむもんだからどこで応えたらいいのかがわかんないの。

終了後は、ボヘミアンでやっている、「真夜中に初期パンを」とかいうものを覗きにいく。なんかね、出演してたいろんなバンドの人たちが初期パンクをやるってやつだけど、正直クソみたいなステージだった。いやまぁ演奏している人のファンだったら楽しいんだろうけど、単に初期パンクが好きな自分みたいな人間が見に行くもんじゃなかったね。ということですぐに抜け出してテントへ。サンでは勝手にしやがれ、アースでは8otto。うはは、どっちもドラムボーカルだ、とかどうでもいいことで楽しくなる。ここで眠気がピークになったので、朝日に備えて仮眠。去年はこれで寝過ごしたわけだけど、今年はきちんと起きれた。ピロウズは別段、思い入れがないのでボーっとしつつ聴いていると、見事な朝日が。いぇー。ステージが終わって、U2が流れ出す(去年までとは違う曲だったな)。あぁぁぁぁ、今年も終了だっつーの。その後は毎年恒例のグダグダだけど一番楽しいかもしれないタイム。残った肉やら何やらを焼いて、周囲にお裾分けしつつくだらない会話を続ける。だって帰りたくないんだもんよ。ということで、今年のエゾ終了…。また来年。あぁそうだ、今年は確かに人が少なめでかなり快適だった。いろいろ思うことがある方々が聞くところではいるようではありますが、ね。

7月23日〈前夜祭〉

二年ぶりの前夜祭。去年、寝過ごした友人と先に飲み始める。ラムを飲んで寝出したので期待していたのに、直前にあっさり起きる友人。ちっ。飲みつつ、Rafvenやらインスペクターさんを後方でのんびり眺める。うむうむ良い良い。適当に切り上げて早めに就寝。年、かね。

7月24日

深夜から、テントを叩く、雨の音。何度も目が覚めつつ、明日が心配に。起きると案の定の天気。風呂に入って子供と遊んで朝飯食って会場へ。今日から参加のid:learn310夫妻と合流しつつ、LONGWAVEを。CDはちょっとギターの音がメタリックというか硬質というか、で微妙だったんだけれど、ライブでは割と音が抑えられていて、よかったです。メタラーのぺ君は逆の感想だそうで。
途中で、別の友人を迎えにゲート外に。時間を読み間違って、結局一時間近くグッズ売り場で立ち尽くす。雨がひたすら降ってる中で一人なのは…。ようやく合流の友人と、グリーンでDOVESさん。

DOVES@グリーン

前々回(レッド)、前回(ホワイト)とフジでの彼らのライブは見てますが、今回はちょっと厳しかった(前回のホワイトもそれなりにという感じだったけど)。「Pounding」のギターとかも切れがなかったしなぁ。見ながら、なんだかなぁと思ってしまった。ちなみに「Pounding」が二人の思い出の曲だという、learn310夫妻は、二人ともこの曲のときに寝てたらしいですよw ということで、途中で抜け出してレッドに。

◆M83@レッド

当初はエレクトロ・シューゲイザーなどと呼ばれてたけど、最新作はむしろそのポップなメロディを前面に押し出して、80年代的ポップに仕上げた、これはこれでアリな作品だった。ライブはどんな感じなのかなと思って見に行くと、昼にはもったいないくらいの四つ打ちがズンドコ。もちろん最新作の曲なんかは聴かせるものだったけれど、やはりスペーシーなサウンドにノイズがのせられると見てる側の熱もどんどん揚がってくる。朝からの雨で下がり気味だったテンションが回復して、ふらふらと前に進みつつ踊りましたとさ。
その後は、ホワイトのMajor Lazor(の腰フリダンサー)を横目で凝視しつつ、ヘヴンのSAKEROCKを小耳に挟みつつ(やっぱMC多すぎるよね)、オレンジへ。オレンジは地面が干潟のようになってた…。

◆Rafven@オレンジ

前夜祭では、ちょっとエンジンがかかってなかったように感じたけれど、非常によろしかったです。前夜祭で一度やってるからか客との距離感も把握しつつ盛り上げていっていて、まぁ、あとこの手の音は反則ですよね。途中からトイレの長蛇の列に並びながら見てたけど、ステージ前方では素晴らしい空間が生まれておりました。
次に、Jeff Lang@天国へ、割と期待していったんだけど、ちょっと前半がさしたる思いもないままに過ぎていってしまって、いつのまにか椅子でうとうと。グリーンでパティおばさんを見ようと思う。

PATTI SMITH@グリーン

久しぶりに見るパティは相変わらず堂々としたもんで、声も変わらずやたらと出てるし、演る曲は変わらないのにいいライブをしてくれるし。さすがでした。マイケルへ追悼の意を示したり、相変わらずピースなメッセージを出したり、その変わらなさが何よりだなぁと見ながら思う。今年は元気じゃなくなる人が多かった気がするし。ラストの「グロリア」から「ロックンロールニガー」の流れは素晴らしかった。
前日までの予定では、このあと天国へトータスさんを見に走って、ちょっと見てからグリーンに舞い戻ってウェラー叔父さんを見学、だったけれども、雨で疲れているのでそのままオアシス辺りをうろうろ。

PAUL WELLER@グリーン

おなか出てる! ウェラーが出てきて真っ先に思ったのはこれ。あぁあのスタイリッシュなおやじはいずこに、と思ったけれど、Jam後期のクールな感じを今も持ち続けていて、ライブはめちゃくちゃ若かった。感動。途中、体から湯気出してたし。「Shout to the Top」やったのはうれしかった。このライブのときは若干、勢いがなくなってきてた雨がまたぶり返してきたときだったけど、関係なしに楽しめたかな。ラストは「Town Called Malice」。やっぱ名曲だわ。

◆ネヴィル・ブラザーズ@ホワイト

オアシスはまぁ、フジ01で見てるし、いいかと思い、ホワイトへ。いやしかしここまで雨が降り続くとテンションが下がりますな。待ってる間も執拗に雨が降って、テンションと体力を奪っていきます。そんななか現れたブラザーズは、慣らしも含めてか、スローテンポの曲で始めたもんだから、数曲で人がはけていってしまう。というかそのなかに僕もおりました。知ってる曲でも聴いてテンション上げないとと思ったのと、ホワイトのSEでRIDEがかかっていて、アンディ(RIDEのギター、なぜかオアシスではベース)が見たいと思ったのです。ということで、グリーンへ走る。

OASIS@グリーン

向かってる途中に「Rock 'n' Roll Star」が聴こえてきて、ニヤニヤしつつ走る。まぁライブは正直なところ、目新しいこともないし、昔聴いていた曲が聴けたという喜びが大きかったけど、個人的には01よりもいいライブだったと思う。やっぱり知ってて歌える曲が連発されると楽しい。「Wonderwall」「Supersonic」「Live Forever」「Don't Look Back In Anger」「Champagne Supernova」「I Am The Walrus」っていう流れはずるいよね。「Don't Look」はバンドの音で聴きたかったけど。ところでフジの感想も書かずにいるうちにノエルが脱退表明。はてさて今度はどうなるのかな。
終了後、最初はGANG GANG DANCEを見ようと思っていたけど、しんどいのでそのままテントに。明日は晴れることを祈りつつ就寝。
一日目のベストはPAUL WELLER。あんな若々しいライブ見せられちゃあねぇ。

フジの感想は書きます。でもまだ一日目しか書けてません。先にエゾ書く。フジの2、3日目も書きますよ。

The Feeliesの1stのリイシューが死ぬほどかっこいいんですけども。失禁ものだわ。Tyondai Braxtonなんか目じゃねぇ。二本のギターの絡み合いが素晴らしすぎる。さらにその後ろで叩かれてるドラムの、真似出来ないようなスカスカっぷりといったら。必聴もの。80年でこれかぁ。
つかTyondaiはちょっと微妙だったですよ。Battlesの場合は、バラバラで無機質にぶっきらぼうに投げ出されていく音が、なぜか奇妙に手を組んでいって歪だけれどもしっかりした構築物が生まれる瞬間が一曲のなかに数回あると思うけど、これはまぁクラシックを参照してるてのもあるのか、そこらへん無知のワタクシにはわかりませんが、一つ一つの音がそんなに投げ出されてる感がなく、やっぱり一人の指揮者ががっちりそれぞれの尻尾をつかんでむやみやたらに動き回らせない感じがするんですよね。その辺りであんまりひっかかりを感じなかったのです。まぁ単純にBattlesと比較するのがどうなのかっていう問題はありますがね。適当に言ってますがもちろん。
ロドリゴさんとガブリエラさんはハイアベレージをキープでした。

この前、友人に怒られたので埋め合わせでR-1の感想でも。

夙川アトム
とりあえず業界用語を把握してないと、面白さが業界用語を話す胡散臭い人っつー最初の紹介止まりになって問題外。

岸学
考えてるのはわかるけど、モノマネって以上、展開が決まってくるよね。別な展開出さないと飽きる。

バカリズム
あぁ素晴らしい。発想の勝利。栃木の持ち方が素晴らしすぎる。最後の高知が微妙だったので、もったいなかったかな。つか持ち方以外にも、人口等を一の位まで言う密かなボケは評価されるべき。

エハラマサヒロ
器用なのはわかるけど、とりあえず最初に設定を伝えてる時点でダメじゃないかね。自己言及ネタを挟む辺りはまぁ考えてるんだろな。

○サイクロンZ
ボケ並べただけじゃないの? シチュエーションと歌とふりがもっと連動してたらいいのに。

鳥居みゆき
なんかすごい惜しい。言葉の使い方とかちゃんと選択されてるのに、なんでかそれが上手いこと効いてこない。持っていきかたもいいと思うのに。

鬼頭真也
ふーん。上手いこといろいろまとめたね。それだけ。

○カウカウ
ネクストセットじゃなくてネクストゲームだろが。途中から最初の設定を捨てるなら、もう少し練ればいいのに。

あべこうじ
あいかわらずというか上手いすね。ウザいキャラも含めてまぁ高値安定、でも爆発がないって感じがする。

中山功太
あるあるネタを、時報と組み合わせることで上手いこと見る側の期待を上げてるわけね。設定の勝利。あの間をダレると見るか上手い間と見るかは、まぁ好みか。

バカリズムが最後に高知じゃなくもう少し面白いのを持ってきたらバカリズムかなぁ。あと順番と。

奨学金デモの話。主張の内容とかを詳しく調べたわけじゃないけど。
奨学金、学費、ともに問題があることだけどそこは分けて考えるべき。でも国公立に行けば?とか免除は?てな批判は1/4くらいしか当たってない。国公立でもそれなりに高い(年60万弱)し、免除なんて一握りしか受けられない(親の収入が基準てのは微妙におかしい)。奨学金にしても学部生と院生は分けるべきだし、文系理系も分ける必要がある。院生だと優秀でも職がない/見つからないなんて普通だし、そもそもそういった人が優秀と判断されないこともザラ(優秀な人をサポートする制度も日本は弱いし)。まぁそこには分野とかパイの問題も絡むだろうけど。主張もそれへの批判も、その辺りのことは考えないとね。借りたものは返せってのはまぁわかるけれどもさ。